有松しぼり久田
有松絞り柄

有松しぼり久田の歴史

有松の、街道入れば、絞りの久田

有松しぼり久田

400年前に誕生した有松村
絞りの里、有松が開村されたのは、慶長13年(1608)。江戸に幕府を開いた徳川家康が、第九子義直を尾張の藩主とした頃のことです。江戸、駿府(静岡)、関西を結ぶ交通が盛んとなり、尾張藩でも東海道の改修が必要とされ、宿場整備に取り組んでいました。
ところが、鳴海から東、桶狭間の古戦場あたりまでは、人里もなく松林が生い茂った物騒な場所でした。そのため尾張藩はこの付近に集落を設けようと計画、知多郡全体に布告して移住を呼びかけ、阿久比村から8名が移り住みました。そのなかのひとりに久田の先祖の名もあります。

はじめて絞りと出会った男
有松絞りの誕生の影には、村民たちの貧しい暮らしがありました。移住者たちは、山野の開墾に努力しましたが、村の面積が狭いため農業だけではとても生計が成り立ちません。有松村が宿場の間の小休所であったことから、旅人を相手に商う道はないかと思案していました。
そんな折りに、村人のひとりが、名古屋城の築城工事に来ていた九州豊後の大名の下臣が身につけていた絞り染めに魅せられたのです。絞りの開祖と称されるその村人はその後、絞り染めの技法を究明し、有松で独自の絞り染めをはじめました。

絞る前の生地

東海道一の名産品に
有松絞りは、村人たちの情熱と苦労に支えられ、急速に進歩を遂げました。寛文以降元禄、宝永に至るおよそ50年間、江戸時代最盛期には絞業はますます発展。ついに有松絞りは、街道一の名産といわれるまでになったのです。久田の本家である橋本屋は旧東海道の中心部に位置し、元禄期に創業しました。
尾張藩が有松絞りに深い関心を寄せ、自国の特産として積極的に保護の手をさしのべて奨励したのもこの頃のことで、有松の絞業者に対して絞り染めの専売権を与えました。
こうして、街道を行きかう旅人が里の土産に買い求め、北斎や広重の浮世絵にも描かれることにより、その繁栄はゆるぎないものとなったのです。
もとより橋本屋は宝暦期以前より知多木綿の買継問屋なども営んでいた名家で、天保期に休業中の問屋の再興にも尽しています。

名産有松しぼりの店

有松絞りは世界の桧舞台へ
明治維新の変革は、有松絞りの商いにも影響を及ぼすことになります。独占専売権が解かれ、営業の自由が許されることになったのです。これが逆に絞り商人たちを奮起させることになり、絞り模様の新種発明や販売網の拡大を通じて、有松絞りはさらなる発展をめざしました。
明治33年(1900)、フランスの首都パリで世界万国博覧会開催時には、技術の粋を集めて優秀な綿布絞を出品しました。このとき有松絞りは、世界の桧舞台への進出を果たします。その際の受賞者六名に久田の本家も名を並べています。
久田は、大正2年(1913)に橋本屋から分家。初代店主久田金之助は、伝来の商人としての鋭敏なる頭脳と手腕を発揮しました。そして、初代を継いだ二代目の春義は、京都絞りが停滞していたことを憂え、絹布の京呉服絞りに活力を与えたのです。これが成功を収め、産地における功労者としての名誉を受けるに至りました。
大正・昭和前期に入ると、有松絞りはさらなる前進を遂げます。そして現在は「有松・鳴海絞り」の良さを広くアピールし、「伝統工芸品」の指定を受けるために尽力。その結果、昭和50年9月4日に「通商産業省指定伝統的工芸品」として愛知県第一号の認定を受けました。

新感覚の絞りを提案する久田
久田は伝統を受け継ぎながらも、つねに「今の時代」を表現するデザインを開発し、くらしという広い領域で製品を創り続けています。和装はもちろん、洋服、ファッション小物、インテリア小物へと絞りの発想を広げ、魅力ある製品作りを追求しています。すでに海外にも輸出される国際的製品に育った有松絞り。国境を越えてもなお愛され続けている理由は、そのあくなき探究心にある。現代に脈々と生きる絞りづくりこそ、久田のめざすところです。


有松しぼり久田 店舗紹介

有松しぼり久田 店内
本店玄関
有松しぼり久田 店内
本店店内
有松しぼり久田 店内
本店茶室


アクセス方法

有松しぼり久田 周辺地図

>> 詳しい地図をGoogleマップで表示する

〒458-0924
愛知県名古屋市緑区有松616番地
本店 TEL.052-621-1067 FAX.052-623-0511
有松駅前店 TEL.052-621-9927
URL.http://www.shibori-hisada.com
E-mail.info@shibori-hisada.com


<お車でのアクセス方法>
お車でのアクセス方法

<お電車でのアクセス方法>
お電車でのアクセス方法